久しぶりにあうママ友

お友達のお誘いを受けて遊びに行ってきました。そこには他のママさんも2人いて、そのうちの1人に会うのは2年ぶりでした。2年前までは頻繁に会っていて、子育てのことや家のことなどなんでも相談しあっていました。それがお互い違う幼稚園に子供を入れたことでなかなか会えなくなってしまっていたので、久しぶりに再会できて本当に嬉しかったです。お互い何も変わってなくてすぐに昔のように楽しい時間が過ごせました。来年には子供も幼稚園を卒業し小学校にあがるので今より少し時間ができるので、また昔みたいに会えたらなぁと思います。

エマーキット 楽天

早く来年の夏が来ないかな

汗をかくのが嫌いな私は夏が近づくと嫌?な気持ちになりますが、いざ夏になると、家では冷房をかけ、出かけるときは涼しい服を着て日傘を差して、屋内ならどこでも冷房がかかっているのでそんなに不快ではないということに気づきます。今年の夏は猛暑でもなかったし、新しくできた自分の部屋が日当たりが悪く涼しいので寝苦しいこともなく、そうなると夏は身軽でいいかも、なんて思うようになっていました。そうなると秋は朝晩は肌寒いのに日中は暑くて体温調節が面倒くさく、長袖や靴下がうっとうしく感じられ、サンダル履きだった夏は良かったな、なんて思ってしまいます。

虫に刺されちゃいました

昨日、虫に刺されてしまったのですが、そこが腫れてきていてとても痒いです。本当に虫は嫌になっちゃいますよね。何故虫に刺されてしまったのかというとですね、この歳になってカブトムシを取りに行ったからです。やっぱりカブトムシっておとなになったとしても魅力のある昆虫ですよね。こういうものがあるとやっぱり行きたくてウズウズしてしまいます。なのでカブトムシを取りに行ったのですが、底はやっぱり森のなかなのでいろいろな虫がいるんですよね。それで、刺されたみたいです。もう本当に痒いのでこれ以上ひどくなるようだったら皮膚科にでも行ってきてみようかな

子供用お魚料理は苦手

自分自身魚はあまり得意ではないので、どうしても骨の処理が簡単な魚ばかり買ってしまいます。でも子どもは魚キライにはなって欲しくないので、煮つけや焼き魚を週に1回は出します。朝ごはんが和食なら朝に出せるんですけどね。うちでは鮭フレークなどで焼き魚は夜ばかりです。まだ幼児なので生のお刺身は食べられないけど、カレイの煮付けや開きホッケなどは大好きです。作るのが苦手です。お母さんの味を思い出しながら作っているんだけど、昔の味は作れません。秋刀魚の梅煮とか大好きだったなぁ。自分の子どもも思い出に残る母の味があると良いんだけどと思います。

カービーダンスの樫木先生のニュース

スマップの仲居くんが司会の金スマで、樫木裕実さんが勤めていた、カーヴィーグランドの閉鎖に関して、間違った情報を流してしまったということで、謝罪をしていました。樫木先生は直接、この件に関しては、関係なく、VTRを作った人の問題だと思うのですが、ニュースではまるで、樫木先生が謝罪したかのような見出しになっていて、気の毒だなあと思いました。私は長年、樫木先生とは、毎日、お会いする仲なので・・・とはいっても、カーヴィーダンスのDVDの中の樫木先生です!・・・・・樫木先生には感謝しています。それに、樫木先生は、裏表の無い、キャラクターで本当に、エクササイズをいろいろな人に伝えたいだけの方のように見えます。樫木先生を面倒なことに巻き込むのはやめて欲しいと、カーヴィーラーの私は思うのでした。

健康のための日々の努力

ある年齢を過ぎた頃から疲れが取れにくくなりました。若い時は睡眠を十分に取れば元気になったのに、今は寝ても寝ても頭痛や体のだるさが取れず、痛み止めや整体などを頼っています。食生活を見直して適度な運動をすれば良くなると言われますが、すぐに治るわけではないから時間をかけて良くしていこうと思っています。野菜中心の食事を心掛けて咀嚼も大事なので良く噛んで時間をかけて食べるようにしています。今まで移動には自転車を使っていましたが、可能な限り歩くことにしています。エレベーターやエスカレーターがあれば必ず乗っていたけれど、できるだけ階段を使うようにしています。

自分へのご褒美を買いました

今日は、いつも仕事や家事を頑張っている自分にご褒美を買いました。ご褒美と言っても、私の家はあまりお金に余裕がないので、ごく普通のスーパーカップのアイスです。本当はハーゲンダッツでも買いたいところでしたが、節約のため我慢をしました。それでも、久しぶりに食べたスーパーカップのアイスは美味しかったです。普段は節約であまりアイスを買わないので、こうしてたまに自分のご褒美に買うのを、密かな楽しみにしています。明日も仕事ですが、何だか頑張れそうな気がします。仕事と家事の両立、大変ですが、これからも頑張ろうと思います。

我が子がそばにいてくれていること

今日テレビを見ていて、阪神大震災で我が子を失ってしまったお母様の話をやっていたのを見ました。双子の男の子と女の子のお話で、男の子が亡くなってしまったとの事でした。私も二児の母として、この内容はとても衝撃的でした。同じぐらいの歳に失ってしまったようだったので、自分に当てはめて見た時に、本当にやるせない思いになりました。そんな出来事がありながら一生懸命、前向きになれるように努力をされ、家族と支え合っている姿を見て、素晴らしいなと感じました。今、我が子がそばにいてくれていること、改めて大切に感じさせてくれました。毎日ガミガミ怒ってしまっていますが、心から感謝したいです。

1人でできるのか心配です

何度も、朝、起こしているのに起きない子供が、「もう、送れるから、休む」といいます。「ふざけないで、何度起こせば気が済むの。もう、10回以上起こしています」と叱って、学校に行かせました。日曜日ですが、部活で、大変ですが、それも、高校までの楽しみです。大学生には、ここまでの子供感は残っていません。一人暮らしになれば、できなくても自分で、何でもやらないといけないのです。ご飯の算段も、朝起きることも。こんなにだらしなくて、不安です。お金だけたくさん掛かりそうで、心配だらけです。どうやって過ごしていくのでしょうか。

すばらしい生活をしてみたい

久しぶりに、大学時代の友人にメールを出してみました。彼女は、無農薬のお茶を生産しているので、なにかと、1年中忙しい人です。しかも、子持ちなので、本当に、睡眠時間も少なく、毎日奮闘しているようです。彼女は無農薬のお茶を作っているだけあって、食卓に並ぶ食事も、すべて手作りの体によさそうなものばかりです。そして、子供の教育も手を抜かず、子供にテレビを見せないなど徹底しています。それに比べて、私は専業主婦のくせに、時々、夕飯を作るのを怠り、子供とマックに行ってしまうこともあります。そして、子供とプレイステーションで一緒に遊んだりもします。友人のすばらしさを見て、自分を反省してしまいました。